Guitar Life〜徒然なるままに〜

ギタリスト〜HITOSHI(三村 均:LORAN)の日記

2018年01月17日

ミック•テイラーの誕生日〜!

ヤッホ!(^-^)/

今日は元ローリングストーンズのギタリストとして有名なミック•テイラーの誕生日。
5BAAE72A-AE54-4533-91AC-5FE88B252667.jpg
おめでとうございます〜。

ン十年前、デビューしたての頃にホテルオークラ(…だったと記憶してる)まで出向いて対談したんだな〜。
ワールドツアー中にゲットした(?)とかいう彼女を膝の上に乗っけ、片手にはビール持ってたっけな〜。
はい、ロック•スターって感じでした(笑)

ストーンズ時代の話しや、音楽&ギターの話しなどして、盛り上がった〜。
4D0129A5-6504-43D1-A678-3AAD4D2528F0.jpg
写真は若かりし頃のミックと対談した頃の私と当時の記事とストーンズのLA公演でのキースとのツーショット。
AA930D84-421E-402D-9CE3-AAE449B5CEAB.jpg
僕が持ってる今でもメインで使ってるサンバーストのストラトにはその時書いてもらったミックのサインがまだ残ってます〜。

いつまでも元気にギターを弾いて欲しい。
9BDEE8AF-CD4E-489D-ACFF-83DE64E2B889.jpg
さ、ではお仕事行ってきます〜。
今日がガンガンとギター弾くのだぁ〜!!

良い一日を〜。
(^-^)/
♪HITOSHI♪






posted by HITOSHI at 14:21 | Comment(0) | ギターリスト百話
▲TOPへ

2018年01月14日

サバイバルのすすめ?

ヤッホ!(^_^)/

地方から上京してレッスンに来ている一人暮らしの男子生徒。
先日話しをしていて、今日の夕飯は"マヨネーズかけご飯"でしたって…(笑)

うんうん、まぁ、そういう時期もあるね〜。

オイラも上京したての頃はかなりサバイバルな日々を送ってたからね〜、なんだか懐かしかった。
そういうことを明るく言う子達は、昔の自分を(あ、オイラは小生意気だったけど、今の子は良い子が多し)見ているようで応援したくなる。

ン十年前の十代後半、ビンボー生活してました。
なるべくギター弾く時間を確保しながら、近所のガソリンスタンドで走りまわってた…で、金がピンチになると臨時でユンボに追いかけられながら家壊すバイトしたり、引っ越しの手伝いしたり、建築現場で資材搬入の手伝いしたり、製本の単純作業を朝までしたり…。
思い出した!製本のバイトした時、自分が担当するページが決められていてね〜、オイラの担当は裸のお姉ちゃんの写真のページだった。
最初は『ほぅ!❤️』って感じだったけど、それが機械に乗ってこっちの都合など関係なく朝まで次々流れてくるのよ…ウンザリしたわ〜。

バンドやってるとスタジオ代やらライブのノルマに届かない時の金払うようだったりするのです。
掛け持ちでやってたりすると…相当かかる。
で、レコード買ったり、弦やらの楽器関係の消耗品にも結構金かかる。
いつも貧乏だった。
あ、でもね、ちっとも暗くはなかったよ。
若い時ってそんなもんでしょ?
いつもケラケラ笑ってしょーもない悪戯をよくしてた。

タバコ買いに行ってて仲良くなったパン屋のおばちゃんに頼んで、廃棄するパンのミミをもらってきて焼いて食ったり、いよいよピンチになると友達と一緒に近くを流れてた多摩川で釣りをして、釣った魚を食ったりしてたな〜。

お、またまた思い出した!!
広島にはニゴイって魚がいなくてね〜、初めて多摩川で釣った時『おっ?川なのにキスみたいな…』と…で、よく見たらヒゲあるし『コイ科の魚か?…謎じゃな…まぁ、でも焼けば食えるじゃろう…』みたいな。
フナでもコイでもハヤでも何でも食った〜。
釣った魚の中で美味くて覚えてるのはナマズ!
鶏肉みたいだった。
まぁ…しかし…。
今思えばよく病気にならんかったもんだな〜と。

で、話しを戻して、僕はね、若い頃の貧乏&サバイバル経験は…程度はあるけど…ないより、あった方がいいと思う。

いつもそんなサバイバル中の生徒達に言ってること。

とりあえず、服なんか普段はずっと同じの着ててもええのじゃ〜、お前その服充分カッコええじゃん!
あ、でもたまには洗濯しろよぉ〜。

弦買う金が無い?そんなの飯を一食抜けばいい。

バイトが忙しくて練習する時間が…なんて言うな〜。
ちゃんとやってれば夢中になってオモロイから少々寝不足になるだけで、それくらいじゃ死にはせん。

義務のようなつまらん練習はちょっとでええ〜。

無理するな〜って言われるかもだけど、無理出来るのも若いうちじゃ〜。

彼女が欲しいだと?
うん、それはええな〜、賛成。
まぁ、だいたい考えることはそんなことばかりの年頃だから仕方ないと言えば仕方ないが…彼女が出来んのはお前自身の器量&力量の問題じゃ〜!
知らんわぁ〜。
デビューしたら嘘みたいにモテるから安心して取り組め〜。

んでもって、だからって部屋にこもって練習ばかりしていてもつまらんぞぉ〜。
たまにはどこかに出かけたり、友達と遊んだりしなされ〜。
そして、たまには美味いもん食いなされ〜。

そうやってなんとかバランスとりながら、ハングリーなまま鍛えておかんと、ここ一番って時にちゃんとスイッチ入らん〜。
ここ一番だけキメられたらええ〜。
それ以外の普段はオマケみたいなもんじゃ〜。

今時のよくある、仲良く皆で一緒に盛り上がって〜みたいな安全な場所でばかり弾かず、たまにはアウェイで弾くのもいい経験になるよ〜。

録音する時やステージの上は自分しかおらん〜。
困っても誰も助けてくれん〜、ってか、困らんように普段から準備しておかんと〜。

で、メチャンコ練習したのに、それでも失敗したり真っ白になっちゃうこともあるんよ〜。
そういうのもトラウマにならん程度に経験しておいた方が、心構え&覚悟が出来ていいかもね。

で、最後に…誰とでもとは言わんが、人との付き合いはとっても大切だよ〜と。
そしたらギラギラしたヤツは『先生、それは"コネ"とか言う意味ですか?』と言いなさる(笑)
うん、まぁ、綺麗事ばかりじゃないのが現実だから違うとは言わんけど、そんなの調子のいい時だけの繋がりだから、そうじゃなく心を通わせることの出来る人って意味だよと。

僕が失敗多い人だからね〜、反省も含めて色々とアドバイス〜。

はい、人生に無駄なものはないと思おう。

…なんだか、何書こうとして始めたのかわからん文章になった。

止める。

長々とすまぬ。

今日も元気にまいります。

良い一日を〜。

(^_^)/
♪HITOSHI♪

00DA76D9-4D90-4E1F-A1A1-CEFC88552064.jpg





posted by HITOSHI at 11:03 | Comment(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2018年01月12日

日本語〜数え方の話

おはようございます。

先日も似たような投稿したけど、友達の外国人英語教師に質問されて答えに困って調べてみた。

犬の数え方。

簡単に言っちゃうと人間が両手で抱っこ出来るくらいの小型犬には"匹"を、大型犬には"頭"を使うそうな。

で、ついでに、そういえば魚の数え方にもあやふやなとこあるな〜と思い調べてみたら、これが複雑!

基本的に生きて泳いでいる魚には"匹"を使い、魚屋さんなんかで並んでいる商品の死んだ魚には"尾"を使い、ジンベエザメのようなデッカイ魚は"頭"なんだそうな。

んでもって、複雑なのは魚のカタチや部位によって数える時の単位が変わるのだよ。
例えば、ヒラメのような平たいのは"枚"、サヨリのような細長いのは"筋"、カツオみたいに大きくて細長いのは"本"。

まだまだある。
加工されるとまた単位が変わる。
切って厚みを薄くしたものは"枚"、マグロの頭とシッポを切り落とした半身を"丁"、それをブロック状の肉塊にすると"ひところ、ふたころ"、もっと細かくすると"冊(さく)"、刺身のような切り身になると"ひときれ、ふたきれ"…え〜、まだあるけど…もういいや。

で、最後にもう一つ。
死んだ魚に"尾"を使うって書いたけど、商品として魚を見る場合は生きていても"尾"を使うんだそうな。
まぁ、豊かといえば豊かだけど…日本語って難しいね〜。

(^-^)/
♪HITOSHI♪

posted by HITOSHI at 09:38 | Comment(0) | 日記
▲TOPへ

2018年01月09日

耳コピのススメ

よっ!v(^-^)
レッスン報告。

最近耳コピに挑戦しとる生徒が数人おりましてな。

どんなふうなものか見せて(聞かせて?)もらった。

そしたら…何が聴こえとるんや⁈ってくらいヤバイ。
ニュアンスを作るための技術的なものの聴き逃しならまだいい方…。

よし、ならばっ!と試しに『俺が今から後ろ向いて短いメロディー弾くから、よく聴いて真似してごらん』とやってみたら…やはり見当外れな音域でウロウロと音を探していなさる。

これじゃ、アドリブなんて出来ないし、モノ作りも上手く行かぬ。
ってか、もうそれ以前の問題で『よく聴けいー!』と言うしかない。
今はハゥツゥーもんの教則本や動画がいっぱいあふれ、手っ取り早くギターが上達するようになったのかもしれないけど、それらが創造力アップに繋がるかと言われると…『う〜ん?』である。
こういうこと言うと偉そうなオッさんの自慢話しみたいになるかもしれないけど、僕が高校生の頃通ったギター教室のレッスンでは、毎週カセットテープ(当時はコレでした)を持って行ってレッスンの最後に一曲レコードから録音してもらって持ち帰り、次週までにコピーして行くって宿題が出てた。
もちろん譜面なんぞない。
今の子にこれ言うと『嘘でしょ〜?』って言われるけど、本当なんです。
そして、これが普通だった。

で、それを持ち帰って何度もキュルキュルと巻き戻しして聴きながら『待って待って、もう一回!』と指板とにらめっこして、この感じを出すには…と、音を探ったものです。

あ、今思い出したけど一度だけ先生に悪戯されたな〜…長くなったついでに書く。
オールマンブラザーズの『ステイツボロ•ブルース』(笑)
オープンチューニングだともスライドプレイだとも言われず渡されてね…そんなの知らんからあの感じ出すためにアーム引っ張り出してきてアレコレやったけど…わからんでね〜。
『これどうやっとるん?』って…困り果ててレッスン行ったら先生に大笑いされた…意地悪なオッさんじゃ…まぁ、でもそれも今となっては良き思い出(笑)

ついでに、当時エラく苦労して覚えてるのはジミヘンの『リトルウィング』でしたな〜。
イントロや歌の後ろのあの独特の音の混ざった感じがよくわからんし、雰囲気出なくてね〜。
『もう知らんわー!』と投げ捨てて布団に入ったけど…段々イライラし出して結局起き出し、『クソ〜、よし、もう一回やってみぃー!!』とジミヘンに向かって文句言いながらラジカセに耳くっつけてたのを覚えてる。
あ〜、レッスン報告からはずれとりますな〜。

んでもって、要するに目から入ると確かに手っ取り早いのかもしれないけど、良く聴くって部分が欠けていくような気がするのです。
まぁ、僕もレッスンでは理論的なことも少しは言うけど、だいたい音の3要素ってのは、音高、音強、音色で、理論が関係してくるのは音高くらい。
出音の7割は手元で決まります。

今の生徒見てると、それがハマリングした音かチョーキングした音かを聴きとれない子が多い…ってか、あまり気にしていない風でもある。

1つの音出す方法はいっぱいあるわけで、その中で自分らしく迷いなく音を出せるようになるまでは時間かかります。

その"感じ"を出すには〜?って部分は後々とっても大切になってくるわけで、そう言った意味の訓練にもなる耳コピは決して遠回りじゃないのです。

と、そんなことをあらためて思った私でした。

長々とすみません〜。

(^-^)/
♪HITOSHI♪




856A3CE7-9F27-41E2-9673-4718F1A1F989.jpg
posted by HITOSHI at 17:17 | Comment(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2018年01月02日

2018年!

遅くなってしまった〜(>_<)
あけましておめでとうございます〜。

今年もよろしくです〜。

良い年にしよっ!!

(^-^)/
♪HITOSHI♪59DB85D9-F63A-4FE3-8F81-2C412573E3A6.jpg
posted by HITOSHI at 09:35 | Comment(0) | 日記
▲TOPへ

2017年07月25日

お宝発見〜!

おはよ〜!(^-^)/

何気なく携帯いじっていて、昔、ミック•テイラーと対談した時の雑誌の記事をネット上で発見〜!
こんなのが転がってるんだね〜。
たまげて『おおっ!』と保存してもうた(笑)

画像がイマイチだけど、嬉しくてしょうがないってな顔の私…そしてLORANメンバー。

今でもメインで使っているサンバーストのストラトを持って行ったのさ。

ミックは嫌な顔せず、オイラのギターで『ブラウンシュガー』弾いてくれ、ストーンズの某アルバム制作㊙︎エピソードや、キースのこととか色々話してくれたっけな〜。

その時ギターに書いてもらったサインはまだ薄っすらと残ってます。

…懐かしい〜。
じゃね〜、今日も元気にまいります!

良い1日を〜。
(^-^)/
♪HITOSHI♪
14E6E902-1FAD-4A74-8758-1A002FB17BB2.jpg
posted by HITOSHI at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2017年07月23日

LORAN〜真昼間のリハーサル

ヤッホ!(^-^)/

LORAN真夜中の…じゃなくて…真昼間のリハーサル。

こんな時間に真面目にスタジオ入るなんてレコーディングの時くらいなので珍しくて何だか新鮮。

で、久しぶりだし、スタジオ前に打ち合わせしてから入ろうということで早目に集まったんだけど…結局好調カープの話しばっかり(笑)
はい…相変わらずです。
v( ̄▽ ̄)

あ、でも、これまた珍しく早目早目に色々とキメ始めております〜。

9月のライブ楽しみにしておいてね〜。
最高のプレイを約束するよぉ〜!!

はい、ではでは〜。
良い1日を〜。
(^○^)/
♪HITOSHI♪750315A6-6A2B-46D1-A7FA-317F87A493A2.jpg
posted by HITOSHI at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2017年06月20日

ひとりぼっちのあいつ

おはようございます〜(^-^)/

写真はオイラが一服する憩いの場所。
心穏やかに投稿文を書きまする。

え〜…最近の流行りなのか、本人の拘りなのか、いつもマスクをしている生徒が数人います。
風邪or花粉症かな?と思って聞いてみたが…ゴニョゴニョとよくわからん事を言ってハッキリせぬ。

勝手に思っているんだけど、多分そうではないんじゃないかな〜と。
単にマスクが習慣になっているだけなんじゃないかな〜と。

まぁ、自分の場合滅多に風邪ひかないし、花粉症とかもない鈍感人間で、あの口のまわりが生温い感じになるマスクが大嫌いでもあるからそう思うのかもしれないけど…この…外出時は常に顔半分隠してるっていうのが気持ちも半分隠してないか?ってな風に思えたりするのです。

で、そういう子でも活発ならまだいいんだけど…なんかいつも1人ぼっちなのが…僕の担当する子。

ギターは良く練習して来るし、レッスン中の反応も若い子特有の『負けてたまるか!』感があって良いんだけど…どうも同世代の中では浮いてるのかもしれない…いつも隅っこでぼっちである。

まぁ、難しい年頃でもあるし、しばらくは大きな心で様子見ですな〜。

さ、今日もビッチリ予定でハードです!
もちろん元気にまいります〜。
良い1日を〜。
(^-^)/
♪HITOSHI♪
C5A1CAB6-0139-41B4-B4CB-95E07A9537D9.jpg
posted by HITOSHI at 08:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2017年06月16日

心に響いた言葉


おはようございます。
(^-^)/

ある記事を読んでいて心に響いた言葉。

「不器用の一心に勝る名人なし」

法隆寺の宮大工、
西岡常一氏の言葉だそうです。

器用な人はすぐに出来てしまうが、飽きるのも早い。
一方で不器用な人は時間がかかるけれど、コツを掴むと伸び続ける。
僕はギターを弾くのが仕事だけど、これまでに数人…神様が味方しとるんじゃないかと思えるほど器用なギター弾きに会ったことがあります。

でも、今はどうしているのか…知らない。
二十代、三十代はとにかく人との競争って感じで、アレを越えなきゃ、コレも越えなきゃと力んでました。
今もまだ"力を抜く"のが課題で毎日鍛錬しております。
ただ、もう他の人と比べたりはしなくなった。
自分の出したい音をイメージ通りに出そうと…それだけです。

まだまだ奥のある深い世界です。
不器用な私は…はい、地道に歩いて行きます。
え〜、珍しく(笑)音楽&ギターの話しをしちゃいました。

ではでは、今日も元気にまいります〜。
良い1日を〜。
(^-^)/
♪HITOSHI♪

40C0B5C7-53BB-4DEF-9C2D-684B73C1B6E1.jpg
posted by HITOSHI at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2017年06月13日

パンダウォッチャー

おはようございます〜(^-^)/


パンダの赤ちゃんが生まれたと祝福モードの東京上野界隈。

無事&元気に育って欲しいね〜。


で、こういう報道をされる時によく出てくる"パンダウォッチャー"なる人物…今回の出産に大喜びされておりました…なんでも6年間毎日欠かさずパンダの写真を撮り続けているそうな。


ふと思った。

『毎日欠かさずって…この人、仕事何しよるんじゃろ?』と。


で、それを生徒に言ったら『きっと先生のメダカだってそんなふうに思われてますよ〜ん!』と。


あら、すんまへ〜ん。

v( ̄▽ ̄)


じゃね〜、良い1日を〜。

(^O^)/

♪HITOSHI♪

posted by HITOSHI at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ