Guitar Life〜徒然なるままに〜

ギタリスト〜HITOSHI(三村 均:LORAN)の日記

2018年10月01日

遠い思い出

よっ!(^-^)/

江古田でのレッスン終えて、新宿へ移動するため駅まで歩いていると、小学生3人組に遭遇。

2人は自転車で1人はその後を走って追いかけてる。
ちょっと離されては『待って〜』って。
ふと子供の頃の"遠い思い出"を思い出した。
その日、学校終わってダッシュで帰宅すると、これ以上ないくらいサクサクと準備して約束の場所へ集合〜。
オイラとSくんとYくん。
近所を流れる八幡川で釣りなのだ。

自慢のチャリ(『サーキットの狼』世代の私の愛車はコーナリングが良いということで…っていうか単に無茶な度胸があっただけなんだが…"ロータスヨーロッパ"と呼ばれていた)にまたがり皆でグングン上流へ〜。
『釣りキチ三平』世代でもあった俺達は今日こそ"石化け"の秘術を駆使して大物釣ってやろうと!

で、釣果は…よくは覚えてないけど、多分サッパリだったと思う。
だいたい警戒心の強い渓流魚相手に…俺たちは賑やか過ぎるのだ。
声はデカイわ、釣るポイントの上流で足滑らせて川に落ちるわ、と…これじゃ、釣れる方がおかしい。

で、夢中で遊んでおると、あっという間に夕陽が山にかかり始める時間。

あ、ヤベェ〜、帰ろうでぇ〜。
ってなわけで自転車のところ行くと…Yくんの自転車のカギがない。
…ん?パンクしたんだったっけ?
まぁ、どっちでもいい。
とにかく普通に自転車乗れない状態。

とりあえず自転車まわりをアレコレ見ているとスッカリ日が暮れてしまい暗くなった。

当時は携帯なんかないし、電話かける小銭なんて持って歩いてない…ってか公衆電話すらない田舎。

仕方なく前輪浮かして自転車押しながら暗い道をトボトボ3人で歩いて帰った。

途中悪戯心で、『俺先に帰るわ〜!』言うて自転車乗ったらYくん泣きそうになったな〜(笑)

もちろん、置いてけぼりにはしなかった。

帰ったらメチャ怒られるのぉ〜…思いながらとりあえずションボリしながらたまに通る車の光を横目にザァーザァー流れる川の音聞きながらトボトボと…。

家に着いたらスッカリ夜で大騒ぎになっとった。

『アンタァー!何しよったんねぇー!!溺れたんかと思って警察連絡しょうかと思っとったんじゃけぇ〜ね!!!』

って…メチャ怒られた。

でも、後でわけを話したら『よう一緒に帰ってきた』ってほめられもした。

今でもこの3人は友達のままだ。

あ〜、長くなった。

遠い思い出…なんかね〜…いいね〜。

(^-^)/
♪HITOSHI♪

60E59B74-1710-4DF7-9B89-DA3638012B2B.jpg
▲TOPへ

2013年03月23日

しっかりしないと!

よっ!(^-^)/

久しぶり〜。

で、思い出ボロボロシリーズ!
子供の頃の話しです。


右の絵を見て問いに答えなさい。

机の上にお母さんが買ってきたリンゴが置いてあります。
A君とお姉さんが一つずつ食べると残りはいくつになるでしょう?

…これが…わからなかったのだ…(T_T)

最初に書いてある『右の絵を見て〜』っていうのを見落としたまま時間ばかりが過ぎて行く…。

お母ちゃん…怒る怒る…。

『もう一回ちゃんと読んでみんさい!』

『あんた字は読めるんでしょ?』

『まぁ!何でわからんのね!』

って怒鳴られ、頭叩かれ、いよいよ混乱してしまった…。

文章の3cmくらい横に6つのリンゴの絵が書いてあったが…『よく読め!』『しっかり読め!』と言われひたすら文章の一字一字をただ見つめるばかり…。

終いにはお母ちゃん…頭を叩きながら…『もう…何でわからんのね〜!』と泣き出した…申し訳なく自分も泣きだした。

ビシバシとど突かれながらしばらく文字と睨めっこしていたが、我慢出来ずトイレにたった。

帰って来るとお父ちゃんもそこにいて、じっとこっちを見たまま黙っていた。

二人で話しをしたらしく、お母ちゃんが頭を撫でながら優しくこう言った。
『さっきはいっぱい叩いてごめんね…これ、ひとしには難しい問題なんかもしれん…もう叩かんけぇね。痛かったじゃろ?ごめんの、ごめんの…もう、いいよ』って泣きながら。

その時ふと問題のリンゴの絵が目に入った。
『あ、4つ!残り4つじゃ!』って言ったけど、それまで当てずっぽうでテキトーな数言ってたから、『うんうん…』って感じで、多分わかったとは思ってもらえなかった。

その夜、フトンに入り微睡みかけた時お母ちゃんが起こしにきて、ちょっと来いと言いなさる。
また何か怒られる事やったっけ?と思いながら行くと、お父ちゃんが寝てる側に連れていかれた。

見ると、お父ちゃんが『ひとし〜、ひとしよ〜』と自分の名前を寝言で囁いておったのだ…。
(T ^ T)

これは次の日からの自分に相当影響があった。

しっかりしないとっ!てな事を思ったのはこの時が初めてだったと思う。

さて、仕事ですじゃっ!
( ̄^ ̄)ゞ

しっかりしないとね(笑)
image-20130323082807.png

(^O^)/
♪ HITOSHI ♪

▲TOPへ

2013年02月21日

長電話

よっ!(^-^)/

ふと思い出したが昔は携帯なんて無かったのです。

今となっては携帯無しでよく待ち合わせとかしていたな〜って思ったりもする。

生活の速度みたいなのが緩やかだったのかな?
あ、その分人間もおおらかだったかもしれない。

で、その時代に彼女の家に電話するのってちょっとした覚悟が必要でした。

何時にかけるって約束していたにもかかわらず彼女のお父ちゃんなんかが出てきたひには「エッ?…ヤベ〜(>_<)」って心の動揺と、お父ちゃんの低くて重そうな言葉と、慣れない言葉遣いでタジタジになる事があった。

今は長電話なんか滅多にしないけど、恋するガキンチョカップルである(=´∀`)人(´∀`=)しょーもない話しを長々としていたもんだ。
よく親に叱られたな〜。
「まぁ、アンター!まだ電話しよるん?早よー切って、風呂入りんさいヤァァー」
って(笑)

デビューした頃もまだ携帯はそんなに普及していなかった。

神戸に住む彼女と遠距離恋愛中だった頃、夜な夜な長電話するもんだから通話料金が凄い事になってね…事務所の社長に頼んで給料前倒しでいただいた…もちろん呆れられ、そして…叱られた(笑)v( ̄  ̄;)

ハハハ〜…しょーもないな話しでした。

でもね、これはこれで今となっては懐かしい思い出だったりするんだな〜。

ほいじゃ〜のっ!
image-20130221081329.png

(^-^)/
♪ HITOSHI ♪
▲TOPへ

2013年02月07日

怪獣のカタチした雲…。

よっ!(^-^)/

久々に"思い出ボロボロシリーズ"。

何でこんな事を?ってハッキリと覚えている幼少期のワンシーン。


夕暮れ刻。
父親に手をひかれうちの裏にあった高台を歩いていました。

季節はたぶん晩夏。

遠い空に怪獣のカタチをした雲があった。

これについてたくさん話しをしたように思う。

怪獣のカタチをした雲は怖かったけど、親父が側にいてくれて心強かったのと、難しい事はわからないながらも、ただ嬉しいとかいうのとは違い、"素敵な予感に包まれたデッカい幸せ"…みたいなのを感じておりました。

「ご飯よぉー!」ってお母ちゃんの声がして、このワンシーンは終わる。

これだけ。

でもね、あの時のあの"感じ"を思うと心が暖かくなるのだよ!

じゃね〜(^-^)/
♪ HITOSHI ♪












▲TOPへ

2013年02月05日

卒業アルバムの一枚

ヤッホ!(^-^)/

え〜、先日高校時代の仲間達(広島県立五日市高校ー…知らんわい!って?笑)とやった新年会の時にGetした写真です。

デビュー前に火事で卒業アルバムを焼失してしまった自分にとっては20ン年振りでした。

文化祭での1コマなんだけど、左端でギター弾いてるのがオイラ。
右奥で拳振り上げてるのがYASS。

10代だよ!かわいいでしょ?(笑)

何度も見てはニヤニヤと微笑んでおります。

う〜ん…今でも一緒にスタジオ入って、ああでもないこうでもないとジャカジャカやってるんだな〜。
…運命的な何かを感じる。
v( ̄  ̄)

よしよし、これからもゴキゲンなロックを演っちゃろう

早くライブやりたいー

ほいじゃ〜のっ!
(^-^)/
♪ HITOSHI ♪

image-20130205082749.png
▲TOPへ

2012年08月22日

クロスロード


ここを少し行って右に曲がれば広島の実家。

今は埋めたてられて公園になっているけど、この道の左側は昔池で、溺れそうになった事がある。
その時は通りかかったカップルのお兄さんに助けられた。

この坂道を三輪車で下って曲がりきれず角にあった家に突っ込んで怪我した事もあった。
あ、曲がり角飛び出して自転車にひかれて鼻血ブーもここだ。

親父がもめ事抱えて家を出た時、リアカーに家財道具載せて引っ張って歩いた事もあった。
夜中だったな〜。

昔の彼女と一緒に歩いたのもここ。

何もかも嫌になって東京を逃げ出し、ここまで帰って来たけど、思い直してUターンした事も• • • 。

なんてことない風景だけど、いっぱい思い出がつまった故郷のワンショット。

行きも帰りもこの道。

"クロスロード"• • • と言ったら大袈裟で、意味合いもちょいと違ってくるけど、今となっては自分的にそれくらい思い入れのある場所。


image-20120822123928.png
それにしても• • • 写真が平凡すぎる(笑)
▲TOPへ

2011年01月29日

( ̄▽ ̄;)

よっ!(^_^)V

ふと思い出した。
随分昔の話し。

その日…その時はまだ友達でしかなかったある女の子とデ?トをして、一緒に酒を飲んでいた。

夜遅かった。

店の中は段々客が少なくなり、普通に喋ってると店じゅうに話しが響いちゃうもんだから、二人の会話も自然と囁くような感じになり、そうなると、何だか愛しさがググッと増したりするもので(笑)、お酒もいい具合に後押ししてくれて…まぁ、初デ\x{2212}トとしてはとても良い感じだったのです。

そんな時のどうしようもなくフワフワしたとても幸せな感じ。

ええな〜、思いおこせば何だか新鮮で感動もんですわ(笑)

でね、そんないいム\x{2212}ドを奴らは…。

勢いよく店に入って来たのは、すっかり出来上がったハデハデ&イケイケなお姉ちゃん達。
3、4人いたと思う。

そりゃもう賑やかでね。

散々飲み食いしたあげく立ち寄った風に見えたのに、注文するわ、するわ。

女の人って…飲むのと食うのが比例する人多くないか?

で、まぁ、どんどん注文するわけですが、これがめちゃめちゃで…。

女A
『あたし、あれ!美味しいの!何だっけ、あ、白子!そう!“白子の踊り食い"\x{2212}!』

店員
f^_^;『!?…は、はぁ…』


(-_-;)『し、白子の踊り?…な、何ちゅう事を…。』

女B
『ヤダー!あんた、それって白魚の事でしょっ!?ハズカシィ〜』

女C
『白子って♂の“あれ"よっ!』

女A
『あっ!ギャハハ〜!ヤダー間違えた〜、白魚!白魚!え、そうなのぉ?白子ってそうなんだ!?え\x{2212}、でもぉ昨日の彼のでお腹一杯かもぉ〜!』

女C
『ギャハハ\x{2212}!わたしもぉ\x{2212}!!』

女B
『いや\x{2212}ん!わたしは2日前ぇ\x{2212}!!』

一同爆笑。


( ̄▽ ̄;)『て…てめぇら…。』



みたいな…。

何故だか、これ妙に覚えている。



酒の席での事だ、楽しく盛り上がるのは大いに結構。

んが!
周りの“空気"ってのも少しは…ね(笑)

皆さん気をつけましょう。

ほ、ほいじゃ〜のっ!
(^-^)/~
♪HITOSHI♪
▲TOPへ

2011年01月20日

思い出の街へ

思い出の街へ.jpgよっ!(^_^)V

昨日の朝、その昔自分が東京出てきた頃に住んでいた府中に今居るよと、NAOさんからメールがあった。

懐かしい。

是政橋の近くに住み、府中街道沿いにあったガソリンスタンドでバイトしながらギターの練習に明け暮れていた俺。

写メを送ってもらったけど、もう当時とは全然違っていて、どこがどこだか見当つかない。

ふと思った。

今度休みがとれたら、ゆっくりと一日使って昔住んでいた街を巡ってみたいなって。

う〜ん…変な気分だ…こういう気持ちを書きあらわすのは苦手。

遠くまで来たような…あの頃と何も変わってないような…。
随分長い時間が経ってるけど…ついこのあいだのような…ね(笑)

ほいじゃ〜のっ!
(^-^)/~
♪HITOSHI♪
▲TOPへ

2010年07月29日

ふと、子供の頃の夢

100725_131126.jpgよっ!(^_^)V

前を走る車。

よく見ると“訓練犬輸送中"と書いてあった。

でね、子供の頃の夢の一つを思い出しました。

誰だってそうだと思うけど、子供の頃自分の将来に色んな夢を見たでしょ?

俺なんてものごころついた頃から、将来こうなりたいっていう夢がなかった時期がないくらい、夢一杯の子供でした。

人生、これがないとつまらんからな〜。

そういう風に育ててくれた両親。
導いてくれた全ての人に感謝です。

さて、話しを戻そう。

“訓練犬輸送中"ってのを見て、子供の頃に犬の調教師になりたかったのを思い出した。

小さい頃から動物が好きで、最初は獣医さんになりたいって思ってたけど、親に言ったら『じゃ、いっぱい勉強して大学に行かないとね!』と言われ…嫌になった(笑)
学校は好きだったけど、先生の話しをじっと聞くのは苦手で、遊んでばかり&勉強嫌いだったのだ。

次に考えたのは動物園の飼育係。
近くの動物園や水族館に行っては、飼育係の人や動物達を熱心に観察しておりました。

で、ちょうどその頃犬を飼い始めてね。
ポメラニアン。

“おすわり"とか“おあずけ"とか色々教え込もうとして一冊の本を買ってきた。

これがなかなか…『何でそこまで?』ってくらい本格的な調教の本。
警察犬や救助犬や盲導犬の訓練の本だった。

“おすわり"とか“おあずけ"とか教えるつもりが、“探せ!"とか“跳べ!"とか“吠えろ!"になっちゃったんで、ポメラニアンのポニーちゃん(名前)にしてみれば、えらい迷惑な話しだったでしょう(笑)

で、その本を通じて犬の素晴らしい能力に魅せられ、飼育係から、犬の調教師へと夢は変わって行ったのです。



でもその後ビ−トルズ&ギターを知ってから、全てが変わっちゃったけどね。



たまにこんな事考える。

音楽&ギター以外の道を行った自分の人生って、どんなだったろうな?って。

まぁ、性分としてきっと好きな事しかしなかっただろうけど、これはなかなか面白い。

あ、こんな事考えて黄昏れるなんて…歳とった証拠かの?(笑)

ほいじゃ〜のっ!
(^-^)/~
♪HITOSHI♪
▲TOPへ

2010年04月26日

ホテル〜トマト

ホテル トマト.jpgよっ!(^_^)V

昨日、BBQの帰りに“4Km先左折 ホテル トマト"って看板見つけてね。

ブログネタ収集に熱心な俺は
『ほぅ!やった!こりゃ良い!』
と、期待に胸を膨らませて行ってみた。

写真がそれ。



(-_-;)…う〜ん…どうも自分の描いてたイメージとは…。

下手な事書けんから、“ビミョ〜"とだけ言っておこう…。

なんか…昔もこれに似た事があった。

その時は、噂にきいた“パチンコ ローラン"を探しに(見に?)行って、ちょうど電球がキレていたらしく…。

“チンコ ローラン"
v(-_-;)



と、ちゃんと“オチ"があった…。

ほ、ほいじゃ〜のっ!

(^O^)/
♪HITOSHI♪
▲TOPへ