Guitar Life〜徒然なるままに〜

ギタリスト〜HITOSHI(三村 均:LORAN)の日記

2008年05月30日

謎の足音

よっ!(^-^)v

昨日は凶悪犯が、学校近くの新宿 花園神社で目撃されたというニュースの為、レッスン中もその話でもちきりだった。

もちろん、俺はそんな事全然知らんかった。

生徒達が言うには、通り魔の常習犯で(どんなんや?)人を傷つけ、金を奪い、関西から東京へ逃げて来た奴との事。

小太りで30〜40代の男だそうだとか、付近に警察官が沢山いるが、私服警官を含めたら、相当の数いるだろうとか、犯人は凶器(刃物?)を隠し持っているだの、持ち金使い果たしたら、何するかわからんって言ってた(誰がそんな事言っとったんかは知らんが)とか…。



夜になり、地下二階の教室で音楽理論のクラスレッスン。

やはりそこでも、この凶悪犯の話になった。

♀生徒
『先生!もし、ここへ犯人が凶器持って踏み込んで来たら…』


『恐ろしい事言うのぉ〜!ここは、逃げ場無いでぇ〜!』

♀生徒
『先生、私を助けてくれる?』


『うん、もちろん!!お前がやられとる間に、俺は逃げるわ!(爆笑)』

などと、話しとった。
d(-_-;)

生徒に問題を出して、解いてもらっている間、レッスン室の外で煙草吸っていた俺(ちなみに、喫煙禁止な場所…まぁ、誰もいないし、灰皿持ってるし…許せ)。

すると…階段を降りて来る足音が…!?

地下は二階までだし、欠席者も遅刻者もいないわけだから、この時間に人が来るハズは無いのだ。
まさか俺がちゃんとレッスンしとるかどうか見張りに来る学校スタッフなど(もう?)おらんだろうし(笑)

あっ!そういえばこのビルの地下は、その昔風俗店だったそうで、レッスン中に、酔っ払いのオッサンが数人でやって来て『あれ〜〜?』ってな事もあったそうだ(笑)

さて、話を戻す。

さっきまでの話の内容が内容だっただけに、この足音…さすがにちょっと気味悪く…全身を耳にして気配をうかがった。

すると…近くまで来た足音が止まりおった!


(-_-;)『(むぅ?)…。』


で、ちょっとして…また足音が聞こえ出した。

今度はその気配が遠ざかっていく。

階段を上がっている。

足音とは別にバタバタって傘の水をきる音がした!

…何でか知らんが、この傘の音で、少し安心した。

足音が聞こえなくなり、しばらくして、階段の所へ顔を出し、ソォ〜と下から覗いてみた。

濡れた足音があっただけで、もう誰もいなかった…。

『う〜ん、誰だったんじゃろ?ちょっと…恐かったぞ…そんな事有り得ないって、言いきれんしな…なんか…気味悪〜〜!』

という事で!
『今日は早目に地上へ脱出(?)しましょう!』

となり、10分も早くレッスンをきりあげた(笑)

いや〜、でも見直すと…危険な場所って一杯あるんだ、これが。

まぁ、一々気にしちゃ〜おれんし…これまでたいして気にしなくてよかった事だったりもするんだが…(今じゃ、電車のホームは、前に立てば落とされるし、後ろにいれば刺されるし、嫌な事件が続けて起きてるしな…)。

治安大国、日本。

…もう、そうでもないのかもな…。

ほ、ほいじゃ〜のっ!

(-_-;)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2008年04月24日

体育会系レッスン!

LORAN-6.JPGよっ!(^-^)v

晴れたり、曇ったり、降ったりと…ハッキリせん天気じゃな…(-_-;)



さて、今日は久し振りにmisonoちゃんのギター・レッスンだった。

最近、バラエティー番組に頻繁に出るようになったため、この四か月間はレッスンをお休みしていたのだ。

急きょ予約してきたから、『…きっと何か…急ぎの用事があるんだろう…』と覚悟して(笑)会ってみると、やはりPV撮影用曲のギター・レッスンであった。

本番は5/1(木)…まぁ、実際に音出すわけじゃないから、なんとかなるが…。
出てる音と、あまりにかけ離れた場所に指がいってたりしたら(…良く見掛けるが…笑)…みっともないからな〜(>_<)

あっ!でも、振付けの練習しとるわけじゃないよっ!(笑)

本人が

(ToT)『これ、あかん!難しいわぁ〜!もうちょい、楽に出来へん?』

とか何とか言おうが、

(-"-;)『やかましいわいっ!言ったとおりにサッサと弾かんかいっ!』

と、一応、流れに沿ってしっかり弾くレッスンをしとる!(笑)

俺のレッスンは体育会系なのじゃっ!d(-_-)

ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2008年04月14日

今年の新入生

LORAN-1.JPGよっ!(^-^)v

どうよ!?ええ感じじゃろ?
昨日予告した通り、本文とは関係無く写真をアップする!

さて、レッスン報告だ。
今日でこの4月からの新入生徒との顔合わせが全て済んだ。

よく喋る明るい子、緊張してうまく話せない子、小生意気な子、恐縮しまくっとる子…色々だが、皆それぞれにヤル気を胸に秘めており、『やったるでっ!』って、気合いを感じる。

良い、良い!

沢山勉強して、練習して、遊んで、楽しんで、経験積んで、頑張って行きなされっ!

少々生意気で元気過ぎる位が、ちょうど良いからな!

ん!?あっ!でも俺の機嫌悪い日は気をつけろ!
わかるわな!?お前!

生意気言ったら…また指練習でシバくでぇ〜!(笑)

ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 17:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2008年03月23日

最終レッスンを終えて…。

080323_212515~000.JPGよっ!(^-^)v

avexアカデミーの最終レッスンが終わった。

いつもそうだが、最初は沢山生徒がいる…が…俺のレッスンがつまらんのか、興味や目標を失ったのか、単純に根性が無いのか…(笑)出席者はドンドン減っていく…(-"-;)
最初のキラキラした感じが無くなって来るのを見るのは…辛いもんだ。

まぁ、義務教育じゃないんだし、皆それぞれ事情があるんだろうし、世の中は“寛容と選択”という事で…。

(-_-)/~皆、自分の信じる道を精一杯に、生きて行きなされっ!
頑張ってのっ!

で、最後の今日、熱心に通ってくれた2人と記念撮影。
一年間お疲れさんっ!
元気でね!
そして、いつか一緒に仕事出来たら良いなっ!(o^-')b

学校の話、おしまい。

…で、また別れ話。
この前のラママで大活躍したネイサンが、今朝お別れの挨拶に来た。

今週は世間的にも、学校的にも“最後の〜”とか“さよなら”とかの多い週だ…。

ん?
いやいや、だからって、感傷的になってるわけじゃないっ!(-_-)

さよならばかりの人生だが…心を開いて共鳴出来た人間同士ってのはな…(ToT)\(-_-;)『なっとるじゃんか!』



4月からは、多くの人が、それぞれの選んだ新しい環境に身をおく事になる。

うん!気持ちも新たに!
また頑張ろ〜ぜぇ〜!

ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2008年01月06日

大事件勃発!

よっ!(^-^)v

広島から帰ってきて、とりあえずガァ〜!と仕事して、今日は休み。

フ抜けになっていた身体&頭&指の感覚も強引に戻したし、ここで体制を立て直すっ!d(-_-)


で、話を変える!!

大事件が勃発したのだっ!!!

前に《♪レッスン報告♪番外編》として紹介した、俺の元生徒のK・S。
昨日の夜やっていた《欽ちゃんの仮装大賞》…これに“時計”というお題目で出ていたんだが…ナ・ナ・ナントッ!


優勝しおったぁぁぁ〜〜〜!!!d(^O^)b


こりゃ〜久々にタマゲタ!

奴の事だから、面白いモノだろうとは思っていたが…まさか優勝するとはな〜(笑)

オメデトォ〜!d(^O^)b

賞金は200万円だそうなっ!

で、K・Sよ!…昨日もメールで伝えたが…六本木あたりで、お姉ちゃんハベらせて…どうよ?えぇ?
モチロン、おぬしのおごりでなっ!
(^_^;)\('_' ;)『…。』


ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 11:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2007年12月12日

スライドギター・レッスン…d(-_-;)

スライドギター・レッスン.JPGよっ!(^-^)v

さて、♪レッスン報告♪シリーズだd(-_-)

今日はWOODギター本科アコースティック・ギター・クラスのスライドギター・レッスンについて書く!

まずは知らない人の為に、スライドギターについて説明しておこう。

スライドギター〜酒瓶の首の部分を切り取った物を使って演奏された事から、別名“ボトルネック奏法”とも呼ばれるギター・テクニックの一つで、最初はブルースやサザンロックを中心に発展してきたが、今ではあらゆるジャンルのギタリストが、その独特なサウンドを表現手段の一つとして取り入れ、研究している(-_-)v

ホッホッホッ!どうよ?
簡潔&スラスラと上手に説明するでしょ?
長いことギター講師なんぞやっておればな、こんなの“九×九”を唱えるように出てくるようになる(^ヘ^)v…一回目のレッスンでは、いつも同じ事ばかり言っとるからな〜d(-_-;)

で、その酒瓶の首にあたるアイテムを“スライド・バー”と呼ぶ。

世界中のスライドギターの名手達が使っているスライドバーを調べると、これが面白い。

例えば、
デュアン・オールマン〜彼は薬瓶をそのまま指にはめてプレイした。
最近楽器店で、ナントこの薬瓶を売っている…“デュアン・オールマンの薬瓶”って商品名で…(-_-;)

内田勘太郎さん〜カルピスの瓶。
首の所を持ってバリン!と割った状態のモノを…そのまま使っておられる。
…結構危ない(-_-;)
ちなみに、このカルピスの瓶は、一昔前の瓶で、今現在市販されているモノじゃないらしい。
勘太郎さんは、買溜めして、一生分ストックがあるとの事。

で、他にも名前は忘れたが、ビールを飲み干し、空き瓶をそのまま左手で握って使う酔っ払いや、太めの指輪を使って突然♪ギュイ〜ン♪と驚かすキザな奴や、ショーアップの為に懐からナイフを取り出して使う…危ない奴…まぁ、色々だ。

で、そんな皆さんに影響され、俺もオリジナル・バーを使う!d(-_-)

色々と試した結果、本気で弾く時は、古い“マコーミック”の胡椒の瓶!
割れても良い練習用には、“エスビー”の七味の瓶!

長時間弾くと、指が蒸れて、風呂上がりの指先になってしまうのが…短所だが、使い心地&音は、『グー!』(o^-')bである。

ん?マコーミックとエスビーの違いだって?

うん、微妙に違う…ような気が…する(笑)…まぁ、なんとなく気分を切り換えるのにも役立つし…大体スライドギターなんて…気分だから…d(-_-;)

…そして、アコースティック・ギターで、低音の開放などを絡めたスタイルの場合は、市販されている、透明なプラスチック製のモノ!

という風に、今のところはなっている…まぁ、気分次第で、しょっちゅう変わるからアテにはならんが…d(-_-;)

で、先週からアコースティックギターのクラスレッスンでスライドギターを取り上げている。

自分の主義を押し付けるワケじゃないが、スライドバーなんて、別に金出して買わなくても、身近な物を使って代用した方がカッコ良いかもな〜と言ったら…やつらめ、こんなモン持ってきよった(写真:@…笑)

前にも書いたが、俺はTVをあまり観ないから知らないが、こんなの使ってプレイするCMがあるんだって?(写真:A)
…(-"-;)『ノー・コメントだ…(呆)』

透明なガラス瓶なので、ちょっと見えにくいが…メッチャ太い瓶でギュイン〜♪(写真:B)
ん?ガタガタとバーが安定しないだと?
…(-"-;)『当たり前じゃ!…大体太過ぎる…下手すれば瓶の中に指3本入るもん…物には限度ってもんが…(呆)』

で、こやつは、バーを持って来るの忘れおったので(写真:C)俺の使わないのを貸してやった。
…(-"-;)『問題外じゃな…来週は持って来いよ!…ただし!皆がドッと盛り上がるようなオリジナル・バーをなっ!』

そうじゃ!このクラスは、あと3人いる。
無断欠席しおった…。
…(-"-;)『お前達も同様に、アッ!と驚くオリジナル・バーをなっ!』

で、俺は毎年、この生徒達が持って来る、オリジナル・スライド・バーが楽しみでな〜。

これまでも、色んな“ロクでもないモノ”を持って来おったが(笑)、中でもウケたのは、“試験管”!!
これは…くやしいが(?)、大爆笑してしまった(>_<)

長いっつうのっ!(笑)

あっ!後、細い栄養ドリンクの空瓶をはめて、抜けなくなり、大騒ぎした阿呆もおったわ(笑)

おっと!忘れちゃいけない、たまには瓶の首を切り取って、自作の“正統派ボトルネック”を作って来る“まともな奴”もいたよ。

そいつは、バドワイザーの空瓶を使っていた。
首の部分を糸鋸でちょっと削っておいて、アルコール・ランプで熱を加え、頃合をみて冷水にジャブンすると、ポキッと綺麗にもげる。
切り口をヤスリで整えて完成!
これは、カッコ良かったし、見た目ばかりじゃなく、音も良かった。

オモロイでしょ?

俺もまた色々試したり、作ったりしたくなってきたわ!

次回レッスンが楽しみじゃっ!d(-_-;)

ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 12:24 | Comment(4) | TrackBack(1) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2007年12月03日

欽ちゃんの仮装大賞

欽ちゃん看板.jpgよっ!(^-^)v

♪レッスン報告♪番外編だ!d(-_-)

元生徒のK・Sから『欽ちゃんの仮装大賞、5400人応募の中、本大会出場の33組に残りました!!』と連絡があった。

年明けの1月5日に放映との事だっ!

題名は“時計”…。

(-_-;)…なんとなく、嫌〜な予感がする…笑。

(-_-;)…こやつ、とても賑やかで、勢いのある男でな…。

レッスンに来ていた頃は、毎週『最高傑作が出来ましたぁぁ〜〜!!!』と山頂から『ヤッホー!!\(^o^)/』言う位の大声出してオリジナル曲を持って来ては…俺の感性をズタズタに撹乱させたものだ(笑)。

審査員特別賞狙いで行くつもりとの事なんで…まぁ、見てやってくれ!

ちなみに写真右側のグレーの服着たのが、K・S。

うん!まぁでも、元気そうで、なによりだなっ!(o^-')b

良い良い!
頑張れ〜!

ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 15:25 | Comment(3) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2007年11月18日

学校にて…(-_-;) 第U話〜インドの“琵琶法師”

画像 002.jpgよっ!(^-^)v

また一段と寒くなった〜{{(+_+)}}
皆、元気かの?

折角治りかけた風邪を、ぶり返しそうだが、俺はいつまでもゴホゴホやってはおれんのだっ!
気合いで治す!d(-_-)


さて、今日はまた学校でのお話をしようと思う。
やはり…強者である!(-_-;)

生徒として担当するのは、なにも日本人ばかりとは限らない。
どちらかというと、韓国や中国のアジア系の人が多いが、たまにはそれ以外の国からも、はるばるとやって来たりする。

で、俺が担当した彼は、世界四大文明発祥の地の一つ、インドからやって来たっ!

新宿校のすぐそばにあるインド・カレーの店で働いておった。
呼び込みだろう〜よく店の前で道行く人に声をかけておったわ。
…名前は…忘れた(スマン…笑)

インドの言葉(?)&片言日本語&片言英語をゴチャ混ぜに喋りまくり、とにかくいつも、勢いがあり、うっとうしい位賑やかで、ハッピーな男であった…d(-_-;)

音楽的には、その感性&タイム感とも常人離れしたモノを持っており(-_-;)…凡人の俺にとって、理解不可能な事が多々あった(-_-;)。

初回レッスンの日、ギターをかき鳴らしながら、楽しそうに彼が言った…。
『センセ!音楽に国境ありませ〜ん、皆音楽でハッピー、ハッピーねっ!』と。
…確かにその通りだが、かき鳴らしておるコードは…“Eマイナー”…(-_-;)『…。』
初回レッスンの前に無料体験レッスンを一度やったそうで、その時習ったコードらしい…。
ちなみに知ってるコードはそれだけだった。
なんで、メジャーコードも教えようとしたが、“C”も“G”も“A”も“E”も出来ない…ネックをへし折るんじゃないかと思えるほど左手に力が入り過ぎていてね(>_<)
本人なりに色々とギターの持ち方を工夫しては、腕の角度とか変えて、試してみるのだが、なかなか上手く押さえられない。
終いには、“琵琶法師”のような構えで弾こうとしなさる…俺はピックの持ち方やギターの構え方とかは、よっぽどじゃない限り注意をしない人なのだが…それは…やめさせた(笑)
で、結局なんとか音が出たのは…“Aマイナー”…やはりとても暗く、悲しい“Aマイナー”…が、本人は明るくノリノリで…楽しそう(-_-;)
…そして“琵琶法師”の構え…。

で、聞くと、ロック&ブルースに興味があり、中でも大好きな曲があって、是非教えて欲しいとおっしゃる。
…が、色々話してるうちに、それは『禁じられた遊び』という事が判明した…(-_-;)…どこが…ロック&ブルースやっ!

リズム感も相当なモノだった…前に書いた隼人に匹敵する。

8ビートが出来ないのだ。
何故かハネてしまう…(こっちの方がよっぽど難しいのに…笑)
何度説明しても“空ピック”が理解出来ないし、リズムに乗る(合わせる?)って事がわからない…(>_<)
まぁ、それもそのはず、厄介な事に本人には自覚症状が無いのだ!(>_<)

多分『イケてるっ!Oh!ハッピーね〜!』位に思っていたんじゃろう…何やら妙な掛け声を出しながら、得意げに弦を叩いて(?)おられた…(-_-;)

『不思議な人もいるものじゃっ…』と呆然と眺める俺であった(-_-;)

で、この“琵琶法師”、聞きもしないのに、自分の身の上話をよくする人でね。

来ると、ギターはそっちのけで、なんだかんだと話ばかりして、ご機嫌で帰っていきなさる。

何もしないんじゃ、悪いんでチョコと簡単なフレーズでも教えようとしたが、いつもチョットやっては挫折し、『OK!家で練習してきま〜す。』(ちゃんと練習してきたためしがない)…そしてまた、世間話…(笑)。

…女の話ばかり…かなりイヤラシイ事を明るく、楽しげに話しておられた…。

で、そのうち彼女が出来てね、『忙しくなったから、ギターはお休みね〜』とヤメた(笑)

う〜む…(-_-;)

最近見掛けない。
“琵琶法師”は今何処に?

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 23:19 | Comment(6) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2007年11月03日

学校にて…d(-_-;)《第一話》〜薩摩のエルボー・ピッキング野郎!〜そのU

そのU

《第一話》
〜薩摩のエルボー・ピッキング野郎!〜

…そいつは、薩摩〜今でいう鹿児島県からやって来た!

見るからに南国育ちって感じの日焼けした、精悍な♂だった。
俺が付けたニックネームは九州男児“薩摩隼人”にちなんで“隼人(はやと)”d(-_-)

その昔、薩摩には“示現流/じげんりゅう”(…確か漢字はこうだったと思うが…間違えてたら、スマン)という剣術があった。
防御など一切考えない、ただひたすら攻めの一手の剣術である。
明治維新の時に、薩摩軍が見せた怒濤の攻撃力&突破力の源は、この“示現流”の鍛練に拠るところが大きい。
ちなみに、攻撃時の掛け声は、
\(`曲´)/『チェスト〜〜!!』

…さて、話を“隼人”に戻そう。
で、この“隼人”の弾くギター…これがまさに“示現流”であったのだ!(-_-;)
ひたすら“イノシシ”のように弾きまくる!(-_-;)
休符も、タイも、空ピックもあったもんじゃない!
バラードだろうが、何だろうが、全てをなぎ倒して、彼は弾き進む!(-_-;)

ピッキングがまた彼らしくてね…手首を固め、ピックを持つ手はグー、肘から先をブルブル痙攣させるかのように振る!
こういうのを“エルボー・ピッキング”と呼ぶ…間違えないで欲しい…プロレスの技じゃない(-_-;)

しっかし、隼人のピッキングの強さ&速さは凄まじかった…今までこんなにメチャクチャ強いアタックとスピードを兼ね備えたギター弾きを目の当たりにした事はない。
…で、聞けば上京してからというもの朝から晩までこの“エルボー・ピッキング”の練習に明け暮れておったそうな…(-_-;)
こやつ、子供向けのギター雑誌を愛読していて、速く弾けさえすれば、プロのギタリストになれると信じていてね…(-_-;)
まぁ、そこまでやる根性は見上げたものだったが…残念な事に、その強烈な右手ピッキングと左手のフィガリングのタイミングが…まるっきり…合っていないのだ…(>_<)
言ってみれば…メッチャクチャのデタラメ弾き!!(>_<)

ただね…右手は恐ろしい強さ&速さで動き続けているから(驚)、何かしら音が出ており…オマケにアンプのゲインはフルアップで、これ以上無理って位歪ませているから…物凄い事になっとるワケだ、コレが…(-_-;)

見てると『チェスト〜〜!!』って感じは伝わって来るんだが…ちゃんとした音が殆ど無いので…気の毒になり…ひく…(-_-;)

で、隼人が言った。
速弾きを買われ(…むちゃくちゃじゃが…)、バンドに入れてもらったが、『リズムが悪い&センスがどうも…』とリーダーに言われ“クビ”になったと…。

(-_-)『ふむ、よくある話じゃ。』

さらに言った。
『このままじゃ、悔しいから、リズムを鍛えて、センスを磨きたい』と…。

(-_-)『ふむ、良い心掛けじゃ。』

そうして…持って来ていた譜面をゴソゴソと鞄から出し、俺の前にひろげ、指差しながら、こう言った…。
『で、先生。質問いいっスか?この譜面のここなんですが…この音符って…どれ位の速さなんですか?』と…。

(-_-;)…とっても嫌な予感のする質問の仕方だったが…顔には出さず、
『…この音符の速さって…それはテンポによるよ。テンポはどれ位?』と、優しく問い返す俺。

『いや、そうじゃなく、ここのこの音符の速さを教えて欲しいんです。』と…隼人。

(-_-;)…間違ない…こいつもか…と確信した。

世の中には、音符それぞれに固有のスピードがあると思っておる奴が意外と多く存在するのだ。
…恐るべし…そんな風にして譜面を書こうものなら、一体何種類の音符が必要になる事やら…。
最近、このテの質問には、先輩講師に教えてもらったキメ台詞を使う事にしている。

『ん?そうだな〜。まぁ60Km位かな〜。あっ!でもたまに100Kmを超えるよ!調子良いと120Kmとかね』と…(-_-;)

大体こう言うと、
生徒は『???』みたいな顔をしておる…(笑)

で、こういう生徒には、本当に一から全部説明するようだ。
これは…パワーがいる。
譜面の読み方〜拍子記号から始めて、音符&休符の種類&それぞれの長さの関係とか…ね。

で、懇切丁寧に散々説明したにもかかわらず…理解度ってのには個人差があるから、ここで忍耐が必要となるのだ…(-_-;)

で、隼人の場合だが…やはり恐るべき♂であった。
明るくハキハキと喋る、気持ちの良い♂で、返事は非常によろしいのだが…(-_-;)
一通り説明し終わって、さて弾いてみるかというところまで来て、
『で、先生。一拍ってどれ位の速さなんですか?』と隼人…。
(-_-;)…せめてどれ位の長さですか?と聞いて欲しかったが…ここは辛抱…耐える俺。
『うん、それは今からリズムを出すから、そのテンポによるな〜』と声色優しく…しかし、眼光は厳しく…かわす俺。
俺の“もう何も言うな!オーラ”を察知したのか…隼人は何か言いたそうだったが、黙っておった。

テンポを決め、リズムスタート!
さぁ、弾こう!
『ほい!行くぞっ!ワン!・ツゥ!・ス…んっ!?』

♪ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ……♪

イ!…イノシシが…走り出した!?…もう何も見えず、聴こえない!…止まる事なんて…(呆)

『…ま、待ていっ!』(-"-;)
(ちょっとの間)…キョト〜ンとこっちを見る隼人。
『…入る場所が…違う…フライングじゃ!ちゃんと、ワン・ツゥ・スリー・フォーってカウント聞いてから、入るように!』

『あっ!すみません、ちょっと入るの早かったんっスね?』と…隼人。

『…早かった?…う、うむ、確かに…今のは早かった。ちゃんとカウントを聞いて…』

気をとりなおして…。

『じゃ、もう一回!行くでぇ!それ!ワン!・ツゥ!・スリー!・フォァー!』

んっ!?

…シーン…(無音)。

…固唾を飲んで、俺の顔を見つめる…隼人…。

『…ど、どおした?』…(-_-;)

『えっ?あっ!いや、あのう〜どこで入るのかと思って見てたんです…』(^_^;

(-"-;)…『俺の顔見て何が解るんやぁ〜!』
…むぅ…こ、これは手強い…。

その後…何回かチャレンジしたが…上手くいかない…ちなみにこの時俺の心の中は『嘘だろ?』と『何故?』と『馬鹿!馬鹿!馬鹿!』の三つの言葉がグルグル、グルグル。
…何度も口から吐き出しそうになったが…堪えた。
…念のためもう一回言っておくが、これは…実話だ…(-_-;)

内容を変える事にした。
とりあえず、拍子を感じてもらう為に、ギターは弾かず、8ビートのドラム・パターンに合わせ、足でリズムをとるようにと指示。
この一踏み一踏みが、“ワン・ツゥ・スリー・フォー”のそれぞれに当てはまる事を説明。

これを…『何が起きても、止めちゃいけないっ!』と、さらに力説!d(-_-)

『いい?じゃ、行くぞ!ソ〜レ!』o(^o^)o

♪トン(踏み)、♪トン(踏み)、♪トン(踏み)、♪トン(踏み)、♪トン(踏み)〜

すると、見よう見まねで隼人も踏み踏み!
『ソ〜レ!』o(^o^)o

♪ドン(踏み)、♪ドン(踏み)、♪ドン(踏み)、♪ドン(踏み)、♪ドン(踏み)〜

おぉっ!?うん!よし!なんとか足はキープ出来るじゃないかっ!

じゃ、これに合わせて8分音符を弾いてみるか!
なるべく神経をリズムに向けたいので、左手は使わない!
6弦開放(一番太い弦のどこも押さえてない状態)で充分!
もう『ワン・ツゥ・スリー・フォー』は懲りたから、とりあえず俺が弾き始め、どこからでも好きなところから入って来て良い事にした。

『行くぜっ!ソ〜レッ!』o(^o^)o

♪べン、♪べん、♪べン、♪べん、♪べン、♪べん、♪べン〜♪

すると…。

♪ドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ〜♪

…マシンガン隼人…(呆)
『ま、待たんかぁ〜〜!』(`曲´#)
(ちょっとの間)…キョト〜ンとこっちを見る隼人…。

出来の悪い子ほど可愛いと言うが…こいつは…(-_-;)

こういう時いつも思う『コイツ…ワザとやっとるんじゃないか?』と…(-_-;)

『今のは…なんだ?…弾くのは8分音符じゃっ!(-"-;)…さっき説明したよのぉ〜?』
『あっ、あの〜、ちょっと速かったんスよね?』と…隼人。
『…ちょっと速かった?…(まだ、そういう言い方をするか)…う、う〜む…確かに…速かったが…』…(-_-;)

作戦変更!!!

『よし!わかった!じゃ、足のリズムはそのままで、とりあえず8分音符で歌ってみよう!』

歌う文句は『ウッ!・ホッ!・ウッ!・ホッ!』
『で、もうあまり考えるな!勘でエエ!野生に戻るんじゃぁ〜!』\(`o'")
…とは言いつつも、一応足の動きと、文句との関連性も説明した。
で、もう半分ヤケクソ気味になっとる俺が『行くぞぉ〜!さん、はい!』とカウントしたら…。
ナント!すんなりアタマから入れて、しかもリズムに乗って『ウッ・ホッ・ウッ・ホッ』と言えた!(驚)

o(^o^)o
『♪ウッ!・♪ホッ!・♪ウッ!・♪ホッ!・♪ウッ!・♪ホッ!・♪ウッ!・♪ホッ!…』

成功じゃっ!d(-_-)

…しかし、『ワン・ツゥ・スリー・フォー』で入れず、『さん、はい!』だったら入れるってのは…謎じゃ…何でかは…わからん…(-_-;)

『よしっ!それで良い!エエかっ!よく聞けぇいっ!今歌ったウッ!・ホッ!・ウッ!・ホッ!のタイミングにピッキングのダウン&アップを合わせて弾けば良いのじゃぁ〜!ダウンがウッ!アップがホッ!』
隼人も俺も必死だ!
初回レッスンから、広島弁丸出しである!

『エエかぁっ!?行くでぇっ!さん、はいっ!』

♪べン♪べン♪べン♪べン♪べん♪べん♪べん♪

隼人が…弾いたっ!

『おぉ〜!それじゃぁ〜!そうそう!素晴らしい!それが8分音符!そのまま!そのまま!』

♪べン♪べン♪べン♪べン♪べん♪べん♪べん♪
…(ToT)『やっと…わかってくれたかっ!』

と、その時だ!
踏み踏みしてリズムを出しとるハズの隼人の足が…目に入ったのは…。

それは…小学生の頃、理科の時間に教育TVで見た『植物の発芽』のスローモーションのような動きだった…(>_<)

『こ、こりゃぁっ!!!ま、待たんかい〜〜っ!!!』(`曲´#)

『何が起きても、足は止めるなっ!キープじゃつうただろ!?えぇ!?』
『す、すみませんっ!』
『ダメ!もう一回!やり直しじゃっ!絶対足止めるなよぉ〜!(-"-;)エエかぁ!?行くでぇ〜!さん、はいっ!』

…で、また…。

『うりゃぁぁぁ〜〜!!!何なんならぁ〜!ちょっと待たんか〜〜いっ!』(`曲´#)

と…こんな事を約一年間…毎週やっておったのだ…(-_-;)…今思えば、懐しくもあり、楽しかった(?)思い出でもある…。
隼人…お前には、鍛えられたわ…。

あっ!思い出した!でもコイツ、俺直伝の攻略法のお陰で、三連符は得意になったんよ!
こういう三連符だとか、五連符だとか、七連符(滅多に無いが)っていう奇数の音符は、それごと感覚的につかまえるしかないので、やっぱり足でとるリズムに乗せて、歌う事から始める。
例えば、三連符だと『リ・ン・ゴ、ミ・カ・ン、イ・チ・ゴ、バ・ナ・ナ〜』五連符だと『い・け・ぶ・く・ろ、あ・き・は・ば・ら〜』七連符だと『ス・テ・ゴ・ザ・ウ・ル・ス、テ・ラ・ノ・ザ・ウ・ル・ス〜』

…で、隼人の三連符。
歌った文句は、

『チ△ポ、チ□ポ、チ○ポ…』…(-_-;)

ああ…色々思い出してるうちに…なんか…疲れて来た…もう…やめる。

ほいじゃ〜のっ!

(^-^)/~
♪HITOSHI♪
posted by HITOSHI at 10:20 | Comment(8) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

学校にて…d(-_-;)《第一話》〜薩摩のエルボー・ピッキング野郎!〜そのT

071102_115720.JPGよっ!(^-^)v

音楽学校で講師をするようになって、もう随分経つ。
これまで数々の猛者に出会ってきた…。

今日はその話をしようと思う。

考えてみれば、一日の半分は、学校で過ごしているわけだから、ここでの出来事をまとめ、新しいカテゴリーとしてブログに加える事にする。

覚悟してくれ、きっと長くなるd(-_-)
読む前に茶でも用意しておくと良いかもな〜。


さて、ちょいと想像してみてちょうだい。

レッスンをしていて、俺的にパワーと忍耐が一番必要なのはどういう時だと思う?

ん?
人間的にムカつく生徒だとか、言う事を聞かない生徒だとか、小生意気な生徒だとか、勘違い野郎だとか?
…いやいや違う…そんなのはちぃ〜とも問題にならん!
大体そういう奴に出会っても、鬱病とかの病気じゃない限り俺は我慢しないし、許さん!d(-_-)
一応言うだけ言わしておいて、その後はギター使って懲らしめてやる(笑)。

ん?
技術的に超難しいフレーズをやる時だとか、理論的に高度なものを説明しなきゃいけない時だとか、俺より上手い奴に出会った時だって?
…いやいや、そんなの有り得ん!
大体、超難しいフレーズなんて、めんどくさいから滅多にやらんし、d(-_-;)、理論的な事は『そんな事俺に聞いちゃイカン!』と叱るしd(-_-;)、俺より上手い奴なんて、この宇宙(?)をザッと見回しても、そうザラにはおらんしなっ!(^ヘ^)v(笑)

んっ!?
…調子に乗り過ぎた?
…スンマヘンm(_ _)m

んで…それはな(パワー&忍耐が必要な時)…リズム&譜割りを説明してわからせなくちゃいけない時なのだ。

リズム〜日本語では節奏(せっそう)と言ったりするd(-_-)

この…リズム…そして…その感覚…これをな…生まれる時に、お母さんのお腹の中に置き忘れてきたんじゃないかと思えるような強者が…結構いるのだ。

これから俺が書く事は、話を面白くしようとして誇張したものなんかじゃない!

これは…実話なのだd(-_-;)

そのUへ続く〜
posted by HITOSHI at 09:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。