Guitar Life〜徒然なるままに〜

ギタリスト〜HITOSHI(三村 均:LORAN)の日記

2013年08月28日

クロの命日

よっ!(^-^)/

今日はデビュー前から22年間一緒に暮らした黒猫の"クロ"の命日です。

いつもバーベキューをする河原へ行く途中の正面に見える木の下(写真)に眠っています。
会いに行って呼びかけ…手をあわせてきました。

クロ…安らかに。

(^-^)/
♪ HITOSHI ♪

image-20130828193018.png
posted by HITOSHI at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2013年08月17日

折鶴観音

ヤッホ!(^-^)/

昨日、父親&親戚と極楽寺山に行ってきました。
前にFacebookで広島弁講座のネタにしたけど、それがここです。

ここの山頂にある折鶴観音の仏像は昭和61年4月に非戦平和を願って父が建立したものです。

浄財を作るため、中古の軽四トラックを購入して(最初は自転車で始めました)近所の人達の協力もあり、二年七ヶ月間毎日廃品回収をして建てました。

もう一つは平和観音像と句碑。
13歳の時、日本の敗戦により当時ソ連の管轄下となった北朝鮮の興南いた父は、ソ連の参戦によって北から逃げて来た多くの日本人とともに当時の朝鮮人部落に強制収容され(持ち物は身につけられるものだけが許可され…家財は置いていくように命令された)極寒の冬を越す事になりました。
そこを脱走し日本に帰って来るま での間に死んでいった人達の事が忘れられず、"北朝鮮遺骨収集促進全国友の会"というのを立ち上げ全国に呼びかけ集めたお金で建てたものです。

興南では、飢餓や寒さや伝染病や略奪に抵抗して銃殺された日本人の遺体が多い時は日に14〜15人も出たそうです。
通称三角山と呼ばれた日本人埋葬の指定地へ最初は一人ずつ埋めていましたが、あまりに多くの遺体に最後は大きい穴を掘り、そこに重ねるようにして土葬したそうです。
弱いものから順に死んでいく…このままでは皆…という事で集団脱走…朝鮮人の闇船を雇って10日間航海しましたが、遅々として船は進まず、そのうち食糧と水が底をつきコップ一杯の水を得るために大金を払わされるハメに…。
何度も交渉して、やっとまた陸に上がったが、そこはまだ北朝鮮。

昼間は山の中に隠れ、夜間に行動。
そして38度線を徒歩で突破。
落伍者が出ないよう子供達にはヒモをつけ、うちの父はもう若い男達の中に加えられ一番後ろを行き
、幼い子供やお年寄りを励ましながら歩いたそうです。

38度線を越えたあとも今度は韓国人の略奪に会い、結局着の身着のままで歩いている所をジープに乗ったアメリカ兵に発見され注文津(ちゅうもんしん)にあった日本人キャンプへ連れて行かれ、そこで日本への引き揚げ船を待ったそうです。

引き揚げ船から見えた日本。
松の木がはえている日本の島を見た時の感動は言葉であらわせなかったとの事です…。

『世界人類が平和でありますように』

♪ HITOSHI ♪


image-20130817124053.png
posted by HITOSHI at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ