Guitar Life〜徒然なるままに〜

ギタリスト〜HITOSHI(三村 均:LORAN)の日記

2006年12月31日

【HITOSHI/しめ飾り(輪飾り)】

moblog_208188.jpgよっ!(^-^)v
我が家のしめ飾り(輪飾り)。
これも我が家の毎年恒例の事だが、お正月に玄関や車に付ける“しめ飾り”(広島では?輪飾りともいう)は、親父の手作りのモノである。
親戚や近所でも評判のこの“しめ飾り(輪飾り)”は、毎年沢山の依頼があり、(大体毎年50〜60個位作るらしい)それをこなす為10月終わり位から材料の藁、稲穂、などを集め、11月中に台を組み、12月になると、さらにゆずり葉、松、やぶこうじ、だいだい、シダ等を調達し、毎日その製作にかかりっきりとなる。
この時期になると、その伝統的な手作業を学ぼうと、沢山の人が毎晩訪れて来ては、親父の手解きを受けている。
東京で買うと結構な値段のつくものだが、親父は惜しげもなくタダで皆にあげておる(笑)。普段お世話になった人達への感謝の気持ちを込めて、毎年違う言葉を添えて渡しているとのことだ…俺が言うのも変だが、偉いと思う。

で、今年も残すところ今日一日となった。
お正月の準備は整ったし、後は今晩早めに飯&風呂済ませて、酒飲みながら“Kー1プレミアム2006格闘技史上最大の祭典Dynamite!!”→“ゆく年くる年”(笑)見て年越しじゃっ!
では皆さん!
今年もお世話になりました。
来年もよろしくねっ!
良いお年を〜(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2006年12月30日

【HITOSHI/餅つき】

moblog_207928.jpgよっ!(^-^)v
つきたてホヤホヤのお餅!

今日は皆で、大騒ぎしながら“餅つき”をした。
“30日の餅つき”これも我が家の恒例の行事である(笑)。
前は広島帰って来ると、一日が妙に長く感じられ、少し退屈することもあったが、この頃はそうでもない。
この“のんびり”な感じが、とてもよろしいのだ。(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食い物シリーズ
▲TOPへ

2006年12月29日

【HITOSHI/雪】

moblog_207561.jpgよっ!(^-^)v
雪!いや〜久し振りの広島だが…寒い!昨日広島駅に着いた時から、妙に空気が冷たくてビックリしていたが、こんなに積もる程雪が降るとは…。うちから見える周りの山は真っ白だ。
天気は良くなりそうなんで、今日は買い物に行く。
ついでに、お好み焼きも食うつもりじゃ〜。
(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2006年12月28日

【HITOSHI/帰省】

moblog_207263.JPG.jpgよっ!(^-^)v
天気良く、雲もかかっていない、久々にきれいに見える富士山。

今年は、お正月を広島の実家で過ごす。
今、広島に向かう新幹線の中である。
去年のお正月は帰れなかったので、一年半振りだ。
うちは、お正月に家族&親族が集まって、親父主催の“麻雀大会”と“ビンゴ・ゲーム”をやるのが恒例となっておる!
もちろん、賞品&賞金付きでやるので、大変盛り上がる!(笑)
集まった子供達はビンゴでギャーギャー楽しみ、大人達は夜更けまで酒飲みながら、イケイケ麻雀である(笑)。
今年は最大の強敵の姉の旦那さんが不参加という事なので、俺の一人勝ちじゃな!ハッハッハッ!
(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2006年12月27日

【HITOSHI/仕事納め】

よっ!(^-^)v
ついに今日で仕事納め。明日から学校は両方とも(avex&WOOD)冬休みに入る。
地方から上京している生徒達よ!なるべく帰省して、家族と一緒にお正月を過ごしなさい。
どうせ東京居たって、まだ仕事なんかないだろうし、まぁ、せいぜいやりたくもないバイトや、悪友との酒宴や、彼女(彼)と一日中ベタベタしとる位だろう?(笑)そんな事はいつだって出来るからな。
音楽関係の仕事を志す子を持った、ご両親方には、普段から色々と心配かけているだろうから…年に何度かは、元気な姿見せて、親孝行しなさい!

で、今年も自分なりに、良く仕事(ギター弾く事自体は、あまり“仕事”とは感じていない…どちらかと言えば遊びの延長のような…笑)して、良く遊んだと思う…(結局、遊んでばかりという事になる…)。
まぁ、厳しく振り返って点数つけるなら、67点位で、決して自分に満足なんかしてはいない…。
まぁ、もう済んだ事だ。またゆっくりと反省して、来年に生かす。
俺はこういう長いまとまった休みの時ってのは、結構静かに過ごすのだ。
どうかすると1分もギターに触らない日もある。
普段時間無くて見れなかった映画観たり、読みたかった本読んだり、大好きなCDを繰り返し聴いたりと、そんな事を気分にまかせて、ダラダラとやっておるから、大抵生活パターンは昼夜逆転してしまう。
仕事始まると最初の1、2日は“フ抜け”状態である(笑)。
でも、たまには良いよなぁ〜。
明日、コレやらなきゃ!、アレもしなくちゃ!じゃなく、明日何しようって自由に考えられる事自体が。
う〜ん!解放感あって、平穏な気分だ。
で、話しは変わるが、CD買ってくれた人達に朝顔の種をプレゼントしたけど(あれは前の晩、俺がセッセと10個ずつ入れて蓋したんよ〜!コレ、本当!で、中には11〜12個入ってるのもあるカモ…後半眠くなって、数えるのがアバウトになったのだ(笑)。まぁ、大当たりだと思って!)ちょっと提案がある!
種蒔く時期を皆で揃えて、同じタイミングで成長を自慢し合おう!
皆、来年のGW中に種蒔きだ!
後、今ふと思いついた!10個の朝顔に名前つけるってのはどう?
一番かわいらしいのには、当然自分の名前つけて、その隣りには、彼(旦那でも可)や彼女(奥さんでも可)の名前つけて、素直に成長しない不良朝顔には俺やYassの名前つけて…(笑)
…でも、枯れる時悲しいから、やっぱりよそうか…。
(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2006年12月26日

【HITOSHI/“フ抜け”】

よっ!(^-^)v
今年の仕事も、残すところ今日、明日の2日となった。
秋からこの年末までは“この世のものとは思えない”程忙しい毎日だったが、無事に乗り越える事が出来た。
そして俺は、昨日から“フ抜け”モードに入っており、気が抜けておる(笑)。
レッスンは、今までの余勢で間に合わせている感じ…すまん…。
お正月はゆっくり過ごす予定。
ただ、一度に気が緩んでしまい体調崩しやすいから気をつけねば…。
皆も寝正月にならないようにねぇ〜!
(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ♪レッスン報告♪
▲TOPへ

2006年12月25日

【HITOSHI/楽しかったな〜】

よっ!(^-^)v
いや〜ライブ楽しかったな〜!
来てくれた人達!
ありがとう。
しかし…いつもそう感じるが、アッという間だった(>_<)。
昨日は折角持って行ったピーヴィー5150の調子が悪く、リハの段階で使うのを断念した(ToT)。結局、ラボに据え置きのマーシャルを使った。今度修理に出さないとな〜。レコーディングでは問題無かったんだけど…。
で、ニューアルバム聴いてくれたかな?結構おもいきりよく、シンプルなアレンジに変えているでしょ?
以前はギター重ねまくり、さらに鍵盤、ブラス、オーケストラetcと妙に豪華なオケ作っていた(それはそれで良さもあるけど)。昔の音に馴れた耳には、新鮮で、なかには違和感を感じる人もいるかもな〜(とくに俺の無遠慮な歌などは…笑)。
今回はザクッと基本的に4人での演奏というのにこだわった。
きれいに作ろうなんて思っていないよ。
そのままの姿をさらけ出した。
カッコ良いアルバムに仕上がったと思う。楽しんでね!

後、朝顔君達をよろしくぅ!(笑)
今年、俺が夢中&大切に育てた朝顔の種達だよ。
何種類かの品種が混ざっているからね!室内で育てられる、あまり大きくならない奴や、もう勘弁して下さいって位デッカクなる奴とか(笑)。
種を取っている時に、最初は品種ごとにわけていたんだけど…種を入れていた容器を落としてしまい…ゴチャゴチャになって…わけわからんなった(笑)。
まぁ、成長振りを見ていれば『さてはコイツ、馬鹿デカ君だな!』と読めるハズだから、よく観察&注意して、臨機応変でよろしくぅ!
来年、なんか方法考えて、育てた朝顔君の品評会しようぜっ!(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2006年12月23日

【HITOSHI/今年最後のリハ】

moblog_204944.jpgよっ!(^-^)v
24日に向けての最終リハ!これがローランの今年最後のリハとなる。
やはり夜中→朝の非常識な時間にやっておる(笑)。


仕上がりは上々!
ニュー・アルバムのニュー・アレンジの初披露とあって、さすがに真剣なリハである。
ほぼ24時間近く起きていて、しかも、皆、ぶっ通しで仕事しているが、眠い&疲れたなどとは誰も言わない!
せっかくの久々のワンマンだしな〜!d(^-^)
ライブに来てくれるみんな!楽しんでネ!
(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ

2006年12月22日

【HITOSHI/剣道】

よっ!(^-^)v
BBSにもちょっと書いたが、今日は剣道について話そう。小学生の頃から高校一年の夏位まで俺は剣道をやっておった。
小学生の頃ってのは、大体クラスに一人ボス格の暴れん坊の男の子がいるもんだが、俺はまさしくそういう存在であった。何かのチームを作れば、それが下手でもキャプテンだったし、クラスの仲間が他のクラスのイジメっ子にやられたら、俺に報告があり、子分連れてやり返しに行ったりとね(笑)。一日の終わりの反省会などでは、いつも俺の言動が問題となった。よく喧嘩もしたし、危険な真似もしておったので先生からは目をつけられていた。
ちなみに、女の子には弱かったし、優しかったから、自慢じゃないが、モテた(笑)。
まぁ、しかし、とにかく悪ガキであった。そんな俺を更生させようと思ったのかどうかは知らないが、親父に薦められ剣道を始めた。
それまで通った習い事はどれもこれも長続きせず…っていうか、先生や他の生徒さんの親からクレームが来て辞めさせられたりもした…例えば“習字”を習っていた時は、いつも俺の横に座る子の顔は俺の筆で“パンダ”模様にメイクされ、泣いておったし…(笑)“ソロバン”行くとパチパチと指で弾く面を車輪に見たててガーガー&ドカンと隣りで一生懸命計算している子のソロバンにぶつけては大笑いしておった…今考えると…本当に申し訳ないm(_ _)mと冷や汗もんである…。
まぁ、何を習っても、元気の有り余っていた俺には退屈で、つまらなかったのです…すみませんでした。

で、“剣道”
これは、面白かった!相手をどんなに“コテンパン”にやっつけようが、誰にも怒られないし、逆に褒められたりするからな〜。性に合っておった(笑)。
ただ、よく稽古中に喧嘩になって、竹刀放り投げて取っ組み合いになり、先生にこっぴどく叱られ、説教されたもんだ(笑)。
そんな暴れん坊の遊びの延長みたいな感じで続けていた剣道だったが、中学生になると、怖くて、強くて、大きい先輩達が待ち構えておった!
そりゃもうシゴかれたもんだ。
お陰でグングン強くなった。そして、強くなれば、剣道自体が面白くなってきた。
俺みたいなチビでもチト頭使って、素早く動ければ、デカイ相手に勝てるのが楽しくてね。部活終わって家帰ってからも素振りや筋トレをやっていたし、週に1〜2回は中学校の体育館で社会人の集まりに行っては稽古つけてもらったりした。
今でも、あの部室の汗臭い剣道着独特の匂いを覚えている。俺が3年生になった頃ってのは、本当にうちの剣道部は強かったよ。団体戦も個人戦も優勝決定戦はいつも、手の内を知り尽くした、うちの部員同士。俺は最強のAチーム先鋒(トップ・バッター)だったから、団体戦での優勝は何度も経験したが、個人戦は一度も優勝出来なかった。最高で準優勝。
今でもよく覚えているその頃のエピソードを書こう。
当時、『セイント・セイヤ』っていうタイトルの(…多分そうだったような…)ボクシングを題材にした少年漫画があった。無敵を誇った我がAチームのメンバーも皆これを読んでいたのだが、そこではボクシングの団体戦という設定で、チームの全員が全ての試合に勝利して完全優勝するというストーリーが書かれておった。
…当然、『俺達もやろう!』という事になったわけだ(笑)
いつも、出れば優勝していた我がAチームのメンバーにとって、新しく刺激的な目標が出来て、燃えた。
快進撃を続けた我がチームは、区大会の決勝戦まで、全員全勝の無傷で勝ち進んだ!
さて、決勝戦。
先鋒は俺である。
審判の『始めいっ!』の声が聞こえたと同時であった。いきなり飛び込んで来た相手に『メーン』と一本取られてしまった(>_<)。俺も、うちのメンバーも『えっ?』みたいな感じ…今思えば、油断していた自分がいけなかったのだが、その時の俺は、ハラワタ煮え繰り返り『このヤロ−、汚ねぇ〜な!後でシバいてやるっ!』(笑)と、平常心など吹っ飛んで、ただただ怒っておった…とにかく、全員が一本も取られる事なく、無傷で二本連続取って、決勝戦まで来たのである…凄いショックだった。続く二本目は俺が一本取って一対一に持ち込んだ。相手は疲れて来たのか、引き分けでもいいやとでも思ったのか、もう攻撃して来ず、ボクシングでいうクリンチ状態でベタベタとくっついてきおる。どおしても勝たなきゃいけない俺は、残り時間が気になって焦ってきていた。剣道では柔道のような“しどう”とかのポイントによる優勢勝ちは無いのだ。
う〜ん、イカン!このままでは引き分けじゃっ…そして…まとわりつく敵を力一杯押し返した時だった…敵は押されて下がりながら、俺の伸びた腕の下でガラ空きになった胴をしたたかに打った!
無情にも審判の3本の旗が上がり、俺は…負けた…。物凄く悔しくて、涙が出そうになったのを覚えている。
この後、うちの他のメンバーは無傷で全員勝利した…。俺だけ負けたのが、恥ずかしくて、悔しくてな〜(笑)。優勝の表彰式でも、俺だけブスッと膨れっ面だ。
この後、区代表として、県大会に臨んだ。ここで優勝すれば広島県代表として、武道館の全国大会へ行く事になる!我がAチームは当然武道館へ行くつもりであった。垂れにつける名前の所の文句も“五日市 三村”から“広島 三村”に新調した(笑)。
さすがに、強豪ばかりが集うこの大会では、もう“無傷の完全優勝”なんて言ってられなかった。
が、やはり俺達は強かった!
気がつけば決勝戦まで勝ち進んでいた。
決勝戦は、これまで経験したそれとは空気が全然違っていた…会場内の人は皆キチッと正座して、静まりかえり、異様な緊張感があった。
先鋒は俺である。
場内アナウンスに呼び込まれ、『いざっ!』って感じで四角い試合場に向かった。
試合は…アッという間に俺の負けで終わった…一本も取れなかった…強い…。続く二番手、三番手も一本も取れず負けた…。とにかく相手チームの動きは早かった…竹刀を本当に軽そうに扱っていてね。
これで、うちの負けは決まりだが、一応大将戦まで全ての試合をやらなくてはいけない。
せめて一矢報いたいところだったが、結局全員負けた…相手は異常に強かった…これだけ完敗したのは初めてだったが、なぜかそんなに悔しくなかった。あまりにも力の差があったからだろう…。
だが、これには後日談があり、この広島県代表となった異常に強いと思った相手チームも武道館での全国大会では一回戦敗退だったらしい…。
子供心に、世の中には上には上がいるもんだと思った。
こうして剣道しながら中学生の頃を過ごした俺だが、中学3年の終わり位から急激に音楽にハマッていくことになる。
一応高校でも最初は剣道部に入ったが、もうギターが弾きたくてしょうがなく、部活などせず真っ直ぐ家に帰るようになってしまった。

最後に、剣道を通じて培ったモノは自分にとって、とても大きかったと思う。
また時間と機会と都合がつけば、やってみたいと思っている。(^-^)/〜
▲TOPへ

2006年12月21日

【HITOSHI/心の灯】

よっ!(^-^)v
BBSに昔の後輩からメッセージが届いた。
こういうのって嬉しいもんだな…。
なんか心の中に暖かい灯がポッと燈った感じだ。
ありがとさん!

今、普段は忘れ去っていた昔の友達、先輩、後輩、一緒に仕事や悪さした連中達(笑)の事を思い出して、考えに耽っている(=_=)。
なんかお約束の“いい人っぽい”文句を言ってしまいそうだ(笑)…別に偉そうぶったり、カッコつけようなんて思ってはいないが、今は人間が大好きな気分の俺だから…。
…が、どんどん考えが飛躍して、まとまりがつかなくなってきた(笑)…今思っている事書いちゃうと『はぁ?』ってな事になりそうだから、これは心の中にしまっておく。
皆がそれぞれの幸せに向かって生きていけたら良いなと思う。(^-^)/〜
posted by HITOSHI at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
▲TOPへ